スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京都の人口増加。インフラ面は大丈夫か?

日本の総人口が減少に転じる中で、東京への人口集中が続いている。
東京都は2010年4月27日、都の人口が推計で1300万人を突破したと発表した。発表によると、4月1日現在の人口総数は1301万279人で、前年同月比6万7913人増。
内訳は、区部が882万440人(前年同月比4万7614人増)、市部が410万4018人(同2万408人増)、
郡部が5万8574人(同34人増)、島部が2万7247人(同143人減)となっている。都道府県別では、二位の神奈川県に比べても約四百万人多く、国内では断然のトップ。世界でも三番目に位置する巨大都市だ。外国人登録者数の増加も一因。十年前の約二十九万人から約四十二万人と十万人近く増えており、この十年で増えた百万人のうち一割ほどを占めた。年齢別に見ると30代が増加しており、偏ってはいないが、今後高齢化が進んだ後、減少に転じるとのことである。

このような興味深い記事が出ていた。私が感じるのは、人口一極化が進んでいるのは、東京にビジネスが集中するようになっている、また変えようとしていない現状を見ると自然な流れだと思っているが、それに対応したインフラ面が追いついてきていない。特に交通手段に影響がでており、事故が起きたら大惨事になると懸念している。
最近、特に多いのは、朝、帰りの電車の乗車率の増加、また、人身事故、車両点検でのトラブル。以前より多くなっている。一回起きると電車に閉じ込められてしまう。ニュースでは、気分が悪くなり、運ばれた人、、との話ではあるが、実際の状況は、どうなのであろう。トイレを我慢している人は同なのだろう。子供たちは苦しくないのか?お年寄りは、長時間耐えられるのか。最近では、女性専用列車が増えてきているが、結構満員である。

本当に今までの対応で大丈夫なのか、早期改善が必要ではないのか、
このまま東京一極集中のまま見てみぬふりで行くのか。

早急な改善対策が必要でないのか、疑問に思う毎日である。

 

スポンサーサイト

エイリアンとのコンタクト

天才物理学者として有名なスティーブン・ホーキング博士が「、「宇宙人は存在するだろうが、接触は破滅的な結果をもたらしかねない。積極的なコンタクトは避けるべきだ」と発言した。
この記事を読んで、映画の話のようだと感じた。宇宙には、地球人がいるように他にもいるとは、感じるが破滅的な結果となるとの想像までは至らなかった。
今、目の前の現実しか見ず、毎日生活しているが、全世界ではいろいろなことがおき、いろいろ気を配っていないといつかは周りの環境が変わってしまい、ついていけない時が来るのかなと感じる興味深い記事であった。今後も意識して次の記事をまってみたい。

破産同然の経済大国との記事

ギリシャが欧州連合(EU)のユーロ圏十五カ国と国際通貨基金(IMF)に緊急融資を要請した。事実上の財政破綻だとのニュースが飛び込んできたのは、記憶に新しい。
しかし4月15日の新聞記事に米調査会社は「日本は、もはや回復不能な債務状況だ」との記事を掲載している。
世界第2位の経済大国である日本が、2011年までに破産するとみるむきさえある。他のジャパン・ウォッチャーも、日本が国家の債務危機を先送りできるのは、あとせいぜい3~4年というシナリオを描く。「国家破産法」という目新しい表現が、間もなく世界で聞かれるようになるかもしれない。

確かに今、日本は崩壊しつつあるように見える。日本の政府債務が今年、国内総生産(GDP)の227%、2014年までには246%に達すると見る。いずれの数字も、国際的に危険水準とされているGDPの60%を大きく上回る。要するに借金が多すぎて今後、急速に規模が縮小する社会では、膨らみ続ける政府債務を返済することはできないということである。

最後のコメントに「市場の見方が突然変化し、現行のトレンドが持続不可能であると判明する分岐点に、日本は急速に近づいている。」という言葉で記事は終わっているが、このデフレの状態で信用機関からの格下げがあったら本当に破綻への階段を下りていくような状況である。

非常にやるせない記事なのでコメントできないが、国民が一丸となって財政黒字化ということを意識し、今後のことを考えていかないといずれ破綻するとのことなのうだろうか。身近では消費税の10%の容認、年金の見直し等があるのかもしれないが、まずは良い方向に経済が回らない限り実現できないことなのでそのような仕組みを作って欲しい。また、一個人にできる事は、それぞれひとつでも何かよいことが出来るように心がけることが、日本を変えることにつながるのか。

今一度、日本を洗濯することが必要ということを思い描きながら、どうしたらこの日本変えられるのか、明るく真剣に考えていきたいです。


最近また、倒産が多くなってきましたね。

最近また、倒産したとの記事が多くなってきました。
最近では英会話の「ジオス」が倒産との事で、この資格ブームとなりつつある中、ショッキングな話題でした。企業再生なんて時に新聞に出ていますがなかなか再生するのは難しいようですね。
私も何とかITCとして中小企業に力になれればと考えていますが、その前に登録を済ませなくてはなりません。我を忘れてました。

コミュニケーション力

ITCプロセス共通知識エリアにコミュニケーションの定義がありますが、一口にコミュニケーションといっても幅の広い言葉です。コミュニケーションをとらなければいけないとか場を作るとか言いますが、一番やってはいけないことは何でしょうか。
私が思うには、相手が話している最中に話始めてしまう、話を遮ってしまうことではないでしょうか。
忙しい人、余裕のない人に有りがちですが、相手の気分を害してしまう、怒らせてしまう典型的なパターンです。
特に癖になってしまった人、気をつけてください。
私も周りには、たくさんいます。そしてまた、人に移るかもしれません。
あなたもうつっていませんか。。。

半年後の試験を目指したのです。

不合格の後、すぐに半年後を目指したのですが、以下が当時の心境です。

「半年って長いですかね。次の試験まで半年。どーも私は計画を作成するのが苦手でして、作成したとしてもなかなかその通りにはいかない。
意思の問題でしょうか?出来たら自分にご褒美をあげるなんていいますが、この方法が一番よいのでしょうか。」

なったつもりで偽コンサル

試験は不合格ながら問題集を始めたことで客先訪問時についえらそうにしてしまう。謙虚さと優越感の狭間に身を置き、自己満足の世界に入り浸る。癖になってしまうと誰から見てもただのアホになってしまうので気をつけなけば。でもいるよね。こういう偽コンサル。
アクセス状況

ジオターゲティング
プロフィール

あたる●

Author:あたる●
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
読者になる
アクセスをお願いします
カウンター
検索フォーム
検定ごっこ
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
お得なクーポン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。