スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

通勤講座を始めました。

iPhoneを利用し、通勤講座をはじめました。

データは無料のDropboxに格納し、PCでもiPhoneでも聞くことが出来るようにしています。

また、無料のBookmanを使ってドキュメントを見ながら、講座をヒアリングして学習しています。

もしかすると通学コースより、効率が良いかもしれません。もう少し続けてみます。

 

http://manabiz.jp/

スポンサーサイト

本日は風がとても・・・

本日は風がとても強い。土曜日であるため自宅にいるつもりであるが、なぜか普段より揺れているような気がする。

確かに頻発する余震なのか、地震酔いになっているのか、それとも家そのものが地震によるダメージで強風でも揺れてしまうようになったのか定かではない。

あまり神経質にならないほうが良いのかもしれない。

そもそもこのようなことを考えることができるくらい暇なのかもしれないので、休日の計画でも立てたほうが良いかな。。

極限状態の中で復旧に携わっている方に敬意を表す。

最近のニュースの中で、極限状態の中で復旧に携わっている方々がいる。
ひとつは原発の復旧作業を行っている方、もうひとつは、銀行のシステム復旧に携わっている方。

世間ではもっと多くの方々が頑張っていると思うが、私の中で印象深いのはこの2つである。本当にご苦労様と言いたい。

時間が決められた中、または一刻を争う時間の中で不眠不休で作業を実施しているのであると思う。

確実に復旧させてほしいと思うのと同時に、ミスもできない状況で作業を続けている人に敬意を表したい。

中小企業診断士体験講座に参加

昨日は、中小企業診断士の体験講座に参加した。

世間では、震災後の復興に向けていろいろな情報が発せられている中、受講者がどの位いるのか興味もあり、思い切って参加してみた。

日曜講座、しかも3連休の中日、10:00から休憩を挟んで16:30までという受講条件としては厳しいだろうと思っていたが、休んでいる受講生はいないと思えるほど出席率が高い。受講者は、この状況を10月から続けているとのことである。

非常に士気が高い。また、学生が多く感じるほど若い世代の参加率が高いと感じた。

これも就職難の影響だろうか。受講中に緊急地震速報が鳴る一面もあったが、特に気にすることなく講義は進んでいった。

既に出遅れてしまった感はあるが、このような雰囲気の中、自分の身を置き勉強することも改めて必要と思い、受講について再度検討を始めたところである。


「11:11」を見る

最近、ふとした時に「11:11」を見ることに気になってきた。以前も見る時があり、その時はなんだろうと思いながら、それ以上は気にしなかったが、よくよく考えてみると周期的に見ているような気がする。周期は、4か月から半年。


また、最近、見るようになった。


気になり始めたので調べてみたら、私だけでなくいろいろな人が見ているようである。


デジタル社会になり、また人の習慣から同じ時間に時計を見ることが現実的なことと思っているが、調べた結果としては、直観がさえていて、調子がいいというメッセージとのこと。


今、迷っていることは、ゴーサインということなので、こちらを信じて前向きに考えてみよう。


1111_R.jpg

震災から1週間

震災から1週間がたち、少しずつですが復興の話を聞くと心がほっとします。
みんなでの協力のもと、何とかもとの生活に戻るよう心からお祈りしています。
私もできる限り節電に協力したいと思います。


震災から1週間ですが、私自信が生活環境の中で、心配なことは計画停電を行っている中での電車の予期せぬ事態。利用してる線では埼京線です。

多少の混乱はしょうがないと思いますが、普段から混雑しており、車両故障や信号機故障が多々あると感じています。


事故でで止めざるを得ない場合は、速やかに最寄りの駅への移動や、路線上で止まる場合は、短時間での車外移動の判断をお願いします。
社内では10分から15分程度が限界だと思います。


その他、計画停電での80%程度の間引き運転は、あまり影響がないと感じています。
湘南新宿ラインの運休では、混乱はないと感じました。長距離区間での直接運転は必要ないのかもしれません。

エレベーターも止まってしまう可能性があるのでしばらくは稼働させないほうが良いと考えます。

計画停電を聞いて

昨日、計画停電を聞いて、どのくらいの影響があるのかを考えていた。第一グループの枠ということで、明日の夕方以降、灯りに困らないように夜であったが23時から懐中電灯、ろうそく、電池を買いに行った。

この時間では24時間営業している店舗しかないため、ドンキホーテ、コンビニを中心に車で回ったが、すでに売り切れ状態。
2,3件行ったところで、遅すぎたことを痛感し、またちょっとむきになって探してみた。
結局、合計11店舗まわり、収穫なし。同じものを探していた人と何度となく顔を合わせ、こっぱずかしい状態。<翌日のことを考え断念した。

翌日は、朝早めに起き、出勤の準備をしたが、在来線が運休のため自宅待機。

早速、昨日の続きを開始したが、結果は一緒。

最後は、病院の購買に出向き、大変申し訳なかったのですが単三電池を16本買いました。

ろうそくは、仏壇を扱っている店にあり、懐中電灯は、ネットで注文。しかし、出遅れたことで高めのものを購入。ばたばたの一日でした。

復旧に向けて

3月11日に起きた東日本大震災。
その後に起きた津波、原発のトラブル、無事に解決することを祈ります。
被災された方々の心からのお見舞い申し上げます。

突発性難聴の聴力回復

発症してある程度の時間が経過してしまうと治らないと聞いていた突発性難聴ですが、最近は、再生医療を行うことにより治る症例が出てきたようです。

今までの治療法はステロイドの点滴を治療ということでした。しかし、完治する人は3割程度、5割で改善が見られるが、2割には効果がないと言われています。

京大病院では、このステロイドで効果がなかった人に対して再生治療を行っています。但し、まだ、研究段階で、効果や副作用もまだわかっていないとのこと。記事が載っていたので紹介します。


京大病院では07年から、発症1か月以内でステロイドが効かなかった患者25人にこの治療を行ったところ、半年後に過半数の14人で聴力が改善した。治療直後、めまい、外耳炎などが出た人もいたが、1週間程度で症状は消えたという。

今年は9施設と共同で、突発性難聴の患者120人に対象を広げた臨床試験を行う予定。中川さんは「老人性難聴や、内耳に異常が起きてめまいなどの症状が表れるメニエール病などにも有効かもしれない」と期待している。

携帯音楽プレーヤー、大音量で聴覚異常 

携帯音楽プレーヤーを大音量で聞き続けると、音を鮮明に聞き取りにくくなる――。
こんな研究成果を自然科学研究機構・生理学研究所の柿木隆介教授と岡本秀彦准教授らがまとめた。
雑踏の中で自分の名前を呼ばれても気がつきにくくなるという。

大音量で聞き続けると難聴になるが、その前の段階で聴覚の異常が起こることは知られていなかった。
難聴の聴覚検査では見つからないため、専門家は大音量は控えるよう呼びかけている。

-----------------------------------------

最近減ってはきているが、まだ周りのひとにも聞こえるくらいの大音量で音楽を聞いているひとがいる。

突発性難聴で、まったく聞こえなくなってしまう例もあるが、ちょっとした会話に中でも聞き取りにくくなる症状がでるということなので、大音量ではないものの、携帯音楽プレイヤー派なので、私自身も気を付けたいと思う。

 


大音量な人

ソーシャルメディア、広告急成長 13年度までに5割増

企業が交流サイト(SNS)やミニブログといった「ソーシャルメディア」を使った広告を活用し始めた。
衣料や自動車など消費財を扱う大手を中心に自社商品の拡販を狙ったサイトを開設。
インターネット広告企業は人員増強に動いている。
ソーシャルメディアを使う広告市場は2桁成長を続け、2013年度には今年度見通しより約5割多い900億円台に拡大するとの見方もあり、急速に存在感を高めている。

------------------------------------------------------

この記事を読み、最近の傾向として確かにソーシャルメディアが趣味や企業活動の中に根付いてきたことがわかる。

最近は、名刺にもソーシャルメディアIDが記載されるようになった。

周りのメンバーもツイッターやファイスブックの話題が多くなり、IDも時間を追うごとに増えている。

企業が広告を活用するようになると、社会に根付き、数年前に起きたITでの革命が起きるかもしれない。景気も上向くかもしれない。

何とか日本そのものが活気が出るようになることを祈りたい。

ソーシャルメディアの国内利用者数

就活難航で大学生の自殺者が倍増。。おかしい。。

このような表題を見ると、この国は、やはり間違った方向に進んでいるように思える。

あまりにも就職難の期間が長過ぎ、その影響で自殺者が増加していることが異常事態であるのに改善の兆しがない。

「就職失敗」が原因と判断された人が、前年より2割多く、そのうち大学生は前年の2倍。「超氷河期」と言われる厳しい就職環境を反映している。

このようなことがかつてあったであろうか。

未来を見通せない国として、細々存続していくのであろうか?

就職難による自殺者増
アクセス状況

ジオターゲティング
プロフィール

あたる●

Author:あたる●
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
読者になる
アクセスをお願いします
カウンター
検索フォーム
検定ごっこ
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
お得なクーポン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。