スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

実りの多い一週間

先週の17日(金)より、セミナー開催や勉強会、外部セミナー参加が多かったので、基調講演を聞く機会が多く非常に勉強になった。

①BCPに対する考え方、3.11で学んだこと、首都圏直下型地震への備え

②マーケティングに関する基礎知識
 ・パンの缶詰に関するマーケティング演習
 ・ヘルシアの販売戦略
 ・TIMES24でのビジネスチャンス到来のタイミング

③日本企業を取り巻く環境、今後の戦略・動向
 経済ジャーナリスト 財部誠一氏

 ・エレクトロニクス業界の動向
 ・ローソンの戦略
 ・中国展開で成功している会社の戦略・そのポイント

④中小企業IT経営の成功事例

どれもストーリー的にまとまっていて面白いし、良く考えられている。

その中で外部環境の変化をうまくとらえた企業が成功しているように思う。
知恵を絞り、戦略を考え進めたところに大きな外部要因が働き、飛躍している企業が勝ち組となっている。

運も実力のうちとはまさにこういうことを言うのでしょうね。。

スポンサーサイト

店舗閉店

最近、良く通っていた寿司屋が閉店した。

通っていた理由は、ランチが安く(500円)また、内容も良かった。(8カン+お椀付き)
おそらく他にもファンも多く、残念な思いをしている人も多いだろう。

でもなぜ閉店してしまったのか。結論としては、経営が成り立たなかった理由なのだろうか。

 

WEBで調べたところ埼玉県南部の閉店店舗数は、この半年で100店舗弱。
デパート内の店の入れ替えが多いが、中には数十年という老舗もある。
種別では飲食店が一番多く、約4分の1を占めている。

店舗種別

もう少し調査が必要だが、この状況では老後はコーヒー店経営の夢は
どこかに飛んでしまうようだ。

やはり店舗経営は難しい。もう少し世間のニーズを把握してから計画を
練ってみたい。

地震による不安が高まる一方。

今日だけで地震が14件。静岡、福島、千葉沖、長野北部、そして佐渡付近。

首都直下型地震の発生確率、4年で70%。本日50%以下に訂正されたからといって不安が取り除かれるものではない。
直下型が発生した場合、どのくらいの影響がでるのか予想がつかない。

地震だけでなく、寒さがこたえるのではないか、火事が消せるのか、食料も全く足りないと思う。

普段何気なく暮らしているが、本気で考える時が来ているのかもしれない。

検察審査員を終えて

全国の地方裁判所に管轄されている検察審査会。この審査員に選出され、任期6か月の期間を終えた。
主な役割は、刑事事件に関する検察官の不起訴処分の当否について、被害者などから申し立てを受けた際に審査をおこなうこと。

この役割を終えて、改めて人には色々な立場や考え方があり、その考え方の相違でいろいろとトラブルが発生する。
決められたルールはその範囲でしかなく、特に解決できない感情的なものが後を引くケースが多いと感じた。

その根本は、刑事裁判の原則である「疑わしきは罰せず」という考え方。

審査では一般市民がくじで選ばれ、一般常識で判断を進めていくが、この原則にぶつかり、やむなく被告側に有利な判断をしたことがあったように思う。
個人的には被害を受けた側を守るような制度を考えていたが、完全な証拠がないと罰することができず気持ちがすっきりしないケースが多い。

テレビ番組の遠山の金さんや水戸黄門のようにはいかないし、自分の身は自分で守るということが教訓なのかもしれない。


現在の日本の社会は、少子高齢化、財政問題、就職難、企業のリストラ、早期退職など窮屈な状態が続いており、そのしわ寄せが市民にも押し寄せている。
小さなトラブルも普段気が付かない中で身近に起きているし、今後も事件に発展することも少なくないと感じる。

市民が少しでも良くするように意識して、助け合っていくことが大事な時代にきている。短期間であったがこの体験を今後の生活に役立てるよう考え方を変えていこうと思う。

 

アクセス状況

ジオターゲティング
プロフィール

あたる●

Author:あたる●
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
読者になる
アクセスをお願いします
カウンター
検索フォーム
検定ごっこ
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
お得なクーポン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。