スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

防災の日を前に

明日は防災の日です。『防災の日』として、9月1日が選ばれた理由をご存じでしょうか?

『関東大地震』です。

この地震はどのような地震だったのでしょうか。また、どんなことが起こっていたのでしょうか。


大正12(1923)年9月1日11時58分44秒、伊豆大島付近、相模湾北西部の相模トラフ(北緯35.1度 東経139.5度)を震源 とする海溝型大地震『関東大地震』が発生した。

この地震はマグニチュード7.9、震度6の規模で、南関東一円を中心に、死者・不明者14万2,807名、家屋全半壊25万4千件余、焼失した家屋は44万7千余、山岳部では山崩れが多数発生し、海岸部では津波が発生した。

東京消防庁による東京(当時は東京府)の被害状況は、焼失した家屋は22万1,718棟、焼損面積38.30平方キロメートル(東京ドームの約1,400倍の広さ)、死者6万420人、行方不明3万6,634人、傷者3万1,051人。
関東大地震は、その被害の大きさから『関東大震災』とも呼ばれている。関東大震災

更に被害を拡大した原因は、火の使用の多い昼食時だったということで、火災による二時被害が拡大した。
また、この時期は、台風の季節であり、火災により発生した熱が上空の冷気と混じり合った『火災旋風』なども影響した。
3万数千人の犠牲者が出た、東京・本所の陸軍被服廠跡での被害は、『火災旋風』と、『台風』により、さらに大きな火災となってしまった。


この極限の状況の中、デマが横行した。デマを信じた人たちは、多くの悲惨な殺人事件を起こした。
どんなデマだったかというと『朝鮮人が震災に乗じて東京を焼き払い、日本人を大量に殺害している。』大虐殺
9月1日以降、事件が続いたとのこと。



今では考えられない状況です。調べていて、悲しい気持ちになりますのでこの辺にしておきます。


それにしても日本の歴史は、悲惨なものが多い。

こうならないように地震、火事の対策はしっかりしておいたほうが良いと改めて感じました。

また、このまま東京一極集中の構造で本当に良いのか、真面目に考えるときがきているのではないかと考えます。

大きな地震が来る前に。。。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

アクセス状況

ジオターゲティング
プロフィール

あたる●

Author:あたる●
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
読者になる
アクセスをお願いします
カウンター
検索フォーム
検定ごっこ
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
お得なクーポン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。