スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マーケティングに関する講義について

先日、マーケティングに関する講義を受講してきました。内容の一つに旭山動物園の復活に関する紹介がありました。

1 何故最北端の動物園が有名になったか

2 動物園が抱えていた問題

  ・ 一時期は、入園者が減少(1994年、入園者最低の26万人)
  ・ エキノコックスによるゴリラ、サルの死亡
  ・ 地理的な不利
(開園期間の制限、多くの動物がなかなかなじめない気候)
  ・ 少ない予算(創業以来の予算合計が上野動物園の1年分より少ない)

3 どうしたらこの問題が解消できるのか
   ⇒  改革をする前のある日、お客さんより「単なるアシカじゃないか」という言葉にどのように見せたら観客が喜ぶのかを考え、「行動展示」という考え方に移行した。

4 その後の対応は
  ・飼育係が自ら飼育小屋の前に立ち、観客に説明(ワンポイントガイド)

  ・園長のリーダーシップ
   ⇒  市に働きかけ、改革の実行を促す。
  
  ・自分たちの理念の理論化=「行動展示」

  ・構想を具体化=「見える化」した
  

この流れで進め、現在に至り、上野動物園につぐ実績を出している。


簡潔に書いたサクセスストーリーですが、この大きなプロジェクトを成功させるためには、
協力者がいないと難しいのではないかと感じます。


講義では、市と調整の話はほとんどなかったのですが、園長のリーダーシップ、プロジェクトに参加した
皆さんの一つになった気持ちがいろいろな人を賛同させ、また市の関係者、予算を計上した方の協力
がない限り実現できないはず。このあたりも別途聞いてみたいです。



旭山動物園
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

アクセス状況

ジオターゲティング
プロフィール

あたる●

Author:あたる●
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
読者になる
アクセスをお願いします
カウンター
検索フォーム
検定ごっこ
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
お得なクーポン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。