スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

職場禁煙化、罰則規定設けず

厚生労働省の労働政策審議会は、職場の原則禁煙化を検討する会議で、受動喫煙を防止するための罰則規定は設けない方針と決めた。

規制は、労働安全衛生法に盛り込まれることになり、来年の通常国会に提出される予定。厚労省は「実効性は担保される」
とするが、禁煙推進団体は「抑止効果が不十分」などと反発している。

労政審に示された厚労省の対策の骨子案では、事業所に全面禁煙か喫煙室設置による空間分煙を義務付けた。また飲食店やホテルなどのうち、喫煙を規制することで営業上の支障が生じる場合は、換気など受動喫煙の機会を低減させる代替措置を講じることとした。

こうした規制導入に伴う罰則規定の有無について初めて協議を行った。委員からは「受動喫煙対策が、現状の努力義務
から義務に強化されるだけでも抑止効果は高い」「国民のコンセンサス(意見の一致)を醸成しつつ、将来的に議論すべき」
などの慎重意見が相次いだ。



最近は、職場が禁煙でないところは余り聞かなくなりましたが、少数残っているのでしょうか。もしくは私が知らないだけでしょうか。

確かに仕事中に人の煙が気になると仕事にならないため、全面禁煙を支持したいですが、分煙の義務付けをしたということで解決の道が開けたということでしょうか。しかし、喫煙室の掃除や故障の対応は結構大変です。

一度、空気清浄機が壊れて煙が執務室に来た時、社員はパニックでした。

来年、法改正ということなので労働安全衛生法もおさえておかなければいけません。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

アクセス状況

ジオターゲティング
プロフィール

あたる●

Author:あたる●
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
読者になる
アクセスをお願いします
カウンター
検索フォーム
検定ごっこ
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
お得なクーポン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。