スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

異常気象で人口減。これから更に加速?

厚生労働省によると、昨年の人口動態統計年間推計で、死亡数が出生数を上回る「自然減」が12万3000人となり、統計を取り始めた1899年以来、初めて10万人を突破した。


 死亡数が大幅に増加したためだが、その背景には異常気象があったのだという。

月別死亡数

終戦直後の出征数は年270万人近くであったが、昨年は107万1000人まで減少した。また、2020年代には70万人台となることが予測され、高齢化も進むことから、今後も人口の自然減は続いていく。


自然減に拍車をかけているのが、昨夏の記録的猛暑とのこと。熱中症の影響を受けたことが原因である。

10万人当たりの熱中症搬送車数BEST5


ただ死者が増えたのは夏だけではない。月別の死亡数を見ると、4、5月も前年より4500~5000人増えている。気象庁によると、この時期は、全国的に気温の変動が大きく、4月中旬には東日本の広い範囲で季節はずれの降雪を観測するなど、空模様は不安定だった。


アジアを中心とした人口を多く抱える新興国の発展により、環境問題、食糧問題等あらたな問題に直面する。


このような状況の中で進行していく少子高齢化の波は、さらに人口減を加速させていくことになるだろう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

アクセス状況

ジオターゲティング
プロフィール

あたる●

Author:あたる●
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
読者になる
アクセスをお願いします
カウンター
検索フォーム
検定ごっこ
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
お得なクーポン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。