スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スマートフォン市場

「スマートフォン」は一般層に

2010年は、アップル「iPhone」の急成長とともに、携帯電話キャリアからはグーグルのオープンOS「Android(アンドロイド)」を搭載した端末が続々と発表されるなど、スマートフォンがアーリーアダプターやビジネス層だけでなく一般層にも浸透しはじめた年となった。

もはやスマートフォンはニッチ市場ではなく、次の10年のモバイルの主成長軸にほかならない。


このような記事が掲載されていた。
確かにスマートフォン市場は、想定より加速して増加しているように思う。電車の中でもスマートフォンの利用者が増えているのが感じることができる。


▽iPhoneが上位を独占

個人のスマートフォンの利用率は昨年の4.0%から2倍超の9.0%へ、認知度は63.4%から93.0%へと躍進している。

実際にスマートフォンを利用しているアクティブユーザの利用機種ランキングを見ると、1位が「iPhone 4」の24.5%、2位が「iPhone 3GS」の22・0%、4位が「iPhone 3G」の8.1%となっており、iPhoneが上位を独占している。

一方、Androidを搭載したXperia(エクスペリア)も9.7%で3位に食い込んでいる。

いまだiPhoneが先行しており、Androidが追従している恰好である。

この他、iPadが先行したタブレット端末も各メーカーが次々と機種を出してきており、こちらも市場が活性化してきている。


各ITベンダーは、これらの急成長する市場を見据え、それぞれに対応するコンテンツ作成に注力している状況であろう。



スマートフォン利用動向調査
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

アクセス状況

ジオターゲティング
プロフィール

あたる●

Author:あたる●
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
読者になる
アクセスをお願いします
カウンター
検索フォーム
検定ごっこ
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
お得なクーポン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。