スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「0円移籍」Jクラブ苦悩 相次ぐ海外挑戦 高評価の陰、経営悪化も・・なぜ今頃??

今日の新聞記事で以下の内容が、掲載されていました。

欧州主要リーグの冬の移籍市場は日本代表DF長友佑都のインテルミラノへの電撃移籍で1月末に幕を閉じた。

アジア・カップで優勝した日本代表の中心を担ったFW岡崎慎司ら北京五輪世代の海外挑戦が相次ぐ中、日本選手の「0円移籍」が話題となっており、欧州のクラブからは、タダで選手を獲得できる“おいしい”市場と見られている。
------------------------------

野球人気が選手の海外移籍とともに、下火になっておりスポーツ界としては、かなり痛手を負っていたことを知りつつも、サッカーでも同じことが起きており、また、なぜ今頃このようなことが記事になっているのか理解に苦しみます。

Jリーグのクラブは、多額の資金を必要とするため、複数年契約を避けていた。昨年オフから国際基準に沿った新移籍制度がスタートし、契約満了後、自由にクラブを移れるようになった。

経営側の都合で制度変更し、選手は、これに従っただけの話だと思います。

海外組がピックアップされていますが、実力のない選手や相性の合わない選手は戻ってくるので同等のルールで扱えばよいのではないかと思います。

今や人気のある選手でも戦力外通告をしているので、旬な優秀な選手だけをピックアップするのでなく、日本のサッカー界を魅力のあるものに変えていくこと。これに注力した方が良いのではないかと感じます。

少し前までは、海外の良い選手がJリーグにきていたと思っていましたが。。。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

アクセス状況

ジオターゲティング
プロフィール

あたる●

Author:あたる●
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
読者になる
アクセスをお願いします
カウンター
検索フォーム
検定ごっこ
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
お得なクーポン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。