スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大相撲の八百長問題

また、大相撲の問題で世間を騒がす大きな要因となっている。

相撲は、国技であり、伝統を受け継いできたものである。恐らく大きな意味で八百長もその中に含まれるものとして受け継いできたのであろう。

しかし、この八百長問題で大きな判断をすべき時に来ていると感じる。


スポーツ界を含めた現代のルールの厳格化に合わせて見直ししていくのか、このまま過去の文化を継承していくのか2つの見方があると思う。


昨今の時代の変化で、外国人力士の活躍やそれに纏わるデメリット(喧嘩、薬物、格式、品格の崩れ等)を含めて見直しを進めて行くのであるのであれば、柔道のように逐次ルールの見直しや厳罰など詳細に至るまで明確化をするべきである。


今回の騒動の中で数名が関与し、数名が関与していないという解明も必要だが、相撲協会を含めた関連組織の体質の改善を優先すべきである。


一方、依然と変わらずこのままの伝統を継承していくのであれば、ある程度、黙認した上で進めていく方がよいのではないかとい感じる。


以前も優勝がかかった取り組みと同門同士の優勝決定戦では、明らかに力の入れどころが違う取り組みを見てきた。

疑いをかけられた取り組みは事情聴取をして潔白を証明していたが、画像を通せば違いがわかってしまう。ファンならなおさらだと思う。
それでも相撲を応援してきた経緯がある。

大きな意味でいうと、それも含めて大相撲という見方でよいとも思う。


今回は、証拠がでたため、問題解決に踏み切らなければならない場面であるが、処分後に何事もなかったように開催を進めてしまうのであれば、また違った場面で問題が発覚し、品格を下げてしまうのではないか、一ファンとして心配な部分である。


ルールの厳格化、もしくはファンが楽しむある程度黙認したものにするのか選択が迫られているのではないかと感じる。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

アクセス状況

ジオターゲティング
プロフィール

あたる●

Author:あたる●
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
読者になる
アクセスをお願いします
カウンター
検索フォーム
検定ごっこ
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
お得なクーポン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。