スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

飲食店のサービスに対する従業員教育について

GWも既に4日が終わってしまいました。休みはあっという間に終わってしまいますね。

そのような中、たまたま飲食店に出向く機会があり、4日間のうち2店舗に行ったのでそこで気が付いたことを記載します。

1店舗目 中華料理の店。伝統もあり、店舗数も多い。従業員は2,000名規模といえば書かなくてもわかると思います。
ラーメン_R

先日、お昼に家族とお店の前で待ち合わせて食事をする予定でいましたが、私だけ早く着いてしまい30分ほど待つことに。揃ってから入るのでは、さらに待つことになるのでお店で待てるかどうか確認を行いました。

お店からの回答は30分前からでもOK。昼時の混む時間帯であったため、約束の時間の15分前から店に入り、注文せず待ちました。待ち始める前は少し席が空いていましたが、5分もしない間に席は一杯になり、待合席での人数も徐々に増えてきました。

混んでいる店の中で何も注文せず、座っているのは何となく気が引ける。5分が長く感じるときとはこのような時でしょうね。

そうこうしている間に20分が経過し、みんなが揃いました。
そのあとは、時間が過ぎるのを忘れてしまうような楽しい時間を過ごしています。ごく普通の話です。

 

2店舗目 和食の店(とんかつが有名)店舗数150弱、ごはん、味噌汁、キャベツがおかわりできる店と言えば想像がつくでしょう。
とんかつ


店に入り、席につきます。メニューから注文を選ぶ際、従業員は隣の席が空いたため、お膳を下げに厨房に向かいました。

注文が決まったので従業員をさがしましたが、まだ厨房からでてきません。出てきたと思えば別のテーブルの準備を始めました。

準備が終わった従業員を呼び、注文を行いました。ここで1度目の間の悪さを感じます。

サービスランチを注文したため、それほど時間はかからないだろうと勝手に想定していたところ、期待を裏切り予想以上に時間がかかってます。

この時の私の待ち時間への許容範囲は、5分から10分程度。10分でも遅いと感じますが、この時は10分以上かかったと思います。ここで2度目の間の悪さを感じました。

ようやく注文したものが来たかと思ったら、後から入ったお客の席へ。そのお客も頼んでいないものらしくまた厨房へ。
そのあとようやく我々の席にきました。ここまで来ると手際の悪さを感じずにはいられません。

 

この差は、何なのでしょう。料理は両店舗とも美味しい。しかし、あまりにもこの2店では従業員の対応に違いがあったように感じます。

企業の教育方針の差でしょうか。


後で調べてみたところ、最初の店舗では、「サービス」に関してはアルバイトだろと何だろうと妥協がなく、お皿のサービスの仕方、大皿料理の取り分け方、ビールの注ぎ方、お客との接し方等々、厳しく指導をしているとのこと。
振り返って見ると、確かにタイミングよく料理も出てくるし、接客も適切であったと感じます。だから会話も弾みます。
違和感を感じさせない対応、気遣いが含まれていたと思います。

後の店舗でも社員教育はあると思いますが、アルバイトの教育は店ごとにまかせているか、やっていないのではないでしょうか。


こんなにも受ける印象が違ってしまいます。小さなことですが大事なことですね。

今回の件は、あまりにも極端な例だと思っていますが、これほどまで差を感じたのは初めてなので、今後も比較しながら見ていきたいと思います。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

アクセス状況

ジオターゲティング
プロフィール

あたる●

Author:あたる●
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
読者になる
アクセスをお願いします
カウンター
検索フォーム
検定ごっこ
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
お得なクーポン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。