スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

死後の世界に関するホーキング博士の見解

ホーキング博士は「(人間の)脳について、部品が壊れた際に機能を止めるコンピューターと見なしている」とし、「壊れたコンピューターにとって天国も死後の世界もない。それらは闇を恐れる人のおとぎ話だ」と述べた。

私も死後の世界があるか無いかと聞かれた場合、無いと答える。

しかし、普段の生活の中で、かなり困った時に何かに助けられたような場面は良くある。はっきりしない何かがエネルギーとして作用し、良い方向に結果が導かれる。
こんな時は、先祖が見守っていると考えることがある。

「運」という言葉もあるが、それだけでは割り切れないこともある。


私にも親がいて、同様にその親にも親がいる。さかのぼっていけばどこまでも行くのであろう。

その人たちも同じように死後の世界の存在を考えた人がおり、その意思を持った魂が残っているとすれば、子孫を助ける人もいるのかもしれない。

そのようなことが起きていたとしても証明することができない限り、無いと答えざるを得ない。


この話は今後も突き詰めたいが、「自らの行動の価値を最大化するため努力すべき」というホーキング博士の答えが先と考えるため、まずは行動の価値を高めて行きたいと思う。

ホーキング博士
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

アクセス状況

ジオターゲティング
プロフィール

あたる●

Author:あたる●
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
読者になる
アクセスをお願いします
カウンター
検索フォーム
検定ごっこ
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
お得なクーポン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。