スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

携帯電話と脳腫瘍リスク

5月31日に、世界保健機関(WHO)の国際がん研究機関(IARC)から携帯電話の電磁波と脳腫瘍リスクについて過去の調査を評価した結果、携帯電話の電磁波による脳腫瘍リスクには「限定的な証拠(limited evidence)が認められる」とする結果を公表しました。

私の記憶では、携帯電話発売当時から警告はあったような気がします。

携帯電話のみならず、パソコンが一人一台になったころも記事になっており、女性は電磁波を遮るエプロンをしながら開発を行っていました。1993年ころの話です。

その他、IT業界は、電磁波の影響で男より女が生まれる確率が高いなどの話も記憶している人は多いと思います。

少なからずペースメーカーに影響することは今や社会で認められていることで、電磁波が脳に影響しないということを証明する方が難しいのではないでしょうか。


この発表により、国内の携帯電話業界や電機メーカーへの影響が多少あるようですが、通信を所管する総務省は「現時点では問題はなく、追加調査を待ちたい」と慎重な構えをみせているようで、利用者リスクのまま、静観するという方針です。

しかしながら、電磁波の大人と子供では、影響度合いが違うようなので、その対策は必要と感じます。

携帯電話の影響

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

アクセス状況

ジオターゲティング
プロフィール

あたる●

Author:あたる●
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
読者になる
アクセスをお願いします
カウンター
検索フォーム
検定ごっこ
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
お得なクーポン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。