スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夜中の目覚め「過度の心配は無用」

夜中に何度も目が覚めて十分な睡眠が得られない「中途覚醒(かくせい)」に悩む人は多いが、人間がまとまって眠る習慣を持つようになったのは産業革命以降で、この200~300年とされる。そのため、日中眠くなるなどの問題がなければ、それほど気にする必要はないとのこと。

厚生労働省が毎年公表している「国民健康・栄養調査報告書」の最新版(2007年)によると、「夜中に何度も目が覚める」と答えた人の割合は「時々ある」「しばしばある」まで含めると約45%。「夜、眠りにつきにくい」(約37%)「朝早く目覚めてしまう」(約44%)よりも多かった。とくに60歳を超すと「いつもある」と回答した人は10人に1人の割合でいた。

 中途覚醒頻度

寝過ぎて不眠に

調査によると昨年8~9月、全国から無作為抽出した約2600人の成人を対象に「睡眠習慣と不眠」に関する面接調査を実施した。床にいる時間(床上時間)が6時間未満の人の中途覚醒の頻度が25.2%、6時間台~8時間台が同24.8%だったのに対し、9時間以上は44.3%と大きく跳ね上がった。
「少しでも眠ろうと長く床の中で過ごすようになり、中途覚醒などの不眠を慢性化させている」とみる。

多くの人は1日に6~8時間、休日にまとまった時間を睡眠にあてるのが健康には理想的と思うかもしれないが、必ずしもそうではなさそうだ。

規則正しく、また早起きが体には良いのかもしれませんね。。

 

 

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

アクセス状況

ジオターゲティング
プロフィール

あたる●

Author:あたる●
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
読者になる
アクセスをお願いします
カウンター
検索フォーム
検定ごっこ
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
お得なクーポン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。