スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

部長のためのMBA講座より

先日、部長のための経営学講座に『リーダーとマネジャーの違い』が掲載されていた。

 リーダ的人材は常に新しいことにチャレンジをおこなう。マネージャーは複雑性に対して問題を解決し組織を管理する。...

いくつか比較事例が掲載されていたが、もう少し知識として必要だと思い、調べたので参考までに掲載します。

リーダーとマネージャーの違い

南カルフォルニア大学リーダーシップ研究所
ウォーレン・ベニス所長

  1、マネージャーは「管理」し、リーダーは「革新」する。

  2、マネージャーは前例の「模倣」で、リーダーは常に自らが「オリジナル」である。

  3、マネージャーは「維持」し、リーダーは「発展」させる。

  4、マネージャーは「秩序に準拠」し、リーダーは「秩序を創り出す」。

  5、マネージャーは「短期的視点」を持ち、リーダーは「長期的な見通しを持つ」。

  6、マネージャーは「いつ、どのように」を、リーダーは「何を、なぜを」問う。

  7、マネージャーは「損得」に、リーダーは「可能性」に目を向ける。

  8、マネージャーは現状を「受け入れ」、リーダーは現状に「挑戦」する。

  9、マネージャーは「規則や常識通り」に行動し、リーダーは最善の結果の為なら、「規則を破ることも辞さない」。

 10、マネージャーは「能吏」であり、リーダーは「高潔な人格」が求められる。

         高潔な人格は、信頼の基礎。中身は「自己認識・誠実・成熟」。

  1、マネージャーは部下を「使い」、リーダーは部下を「育てる」。

  2、平時のリーダーは「After you」と部下のマネージャーに任せ、有事には「Follow me」と自ら先頭に立ち部下を指揮する。

 

確かに説得力がある文章であり、今現在に身の回りにある環境がこれに当てはまる事象が起きている。

私は、部長ではないが、明日からこの違いを認識し、行動を改めたいと思う。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

アクセス状況

ジオターゲティング
プロフィール

あたる●

Author:あたる●
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
読者になる
アクセスをお願いします
カウンター
検索フォーム
検定ごっこ
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
お得なクーポン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。