スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

土用の丑の日 7月26日

ここ数日間は、大変な暑さです。暦の上でも大暑の期間。体調管理に気を配ることが重要です。

さてこの期間には、土用の丑の日があり、暑さに負けないように「鰻」を食べる習慣があります。

なぜ、鰻を食べる習慣になったのか調べたので記載します。images2

■鰻を食べる習慣

日本では夏の土用の丑の日に、暑い時期を乗り切る栄養をつけるために鰻を食べる習慣がある。

ある一説によると、
商売がうまく行かない鰻屋が、夏に売れない鰻を何とか売るため讃岐国出身の平賀源内の所に相談に行った。源内は、「丑の日に『う』の字が附く物を食べると夏負けしない」という民間伝承からヒントを得て、「本日丑の日」と書いて店先に貼ることを勧めた。すると、物知りとして有名な源内の言うことならということで、その鰻屋は大変繁盛した。
images3

その後、他の鰻屋もそれを真似るようになり、土用の丑の日に鰻を食べる風習が定着したという。

鰻にはビタミンA、ビタミンB類が豊富に含まれているため、夏バテ、食欲減退防止の効果が期待できる。そういった面に鑑みると、当時夏の時期に鰻を食べたのは理に適った習慣であるともいえよう。 


では、明日の丑の日を前に鰻事情はどうでしょうか。


■今年の鰻事情

今年の鰻事情は、去年、鰻の稚魚が不漁だったため、国内産鰻の生産量が落ち、7月26日を前に日本の鰻だけでは供給が需要に追いつかない。

そんななか、検査システムが厳しくなって安全性が担保されたという理由で大手牛丼チェーンや弁当チェーンがこの夏、中国産鰻を使用した商品を大々的に販売している。

国内産は高め、中国産は、安めということでしょうか。
images

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

アクセス状況

ジオターゲティング
プロフィール

あたる●

Author:あたる●
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
読者になる
アクセスをお願いします
カウンター
検索フォーム
検定ごっこ
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
お得なクーポン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。