スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

白髪のメカニズム

最近、白髪が増えてきた。美容院に行ったときに、後ろ側に白髪が増えてますと言われたことがあるが、本人には直接は見えなかったので気にしていなかった。

しかし、もみ上げや前髪までに混ざってくるとさすがに気になってくる。素朴な疑問ではあるが、元に戻らないのかWEBで調べてみた。

---

白髪は、薄毛、男性型脱毛症とともに、遺伝的な要素が強いとされるものの、その原因は、いまだ藪の中。そもそも毛髪はどのようにして色がつくのだろうか。

1本1本の毛髪が生み出される頭皮内の「毛包」と呼ばれる内部には、毛乳頭という突起があり、毛細血管で運ばれてきた養分をたくわえている。

この毛乳頭を取り囲んでいるのが、毛髪をつくる毛母細胞。毛母細胞は、毛乳頭から養分を得て、次々に細胞分裂し、毛髪をつくり出していく。

こうしてつくり出された毛髪が少しずつ上に押し上げられ、頭皮の上に出たのが、いわゆる髪の毛だ。日本人ならだいたい黒色、世界的にみれば金色あり、茶色あり。こうした頭髪の色は、毛髪が頭皮内で成長する過程のどこかで、色素細胞(メラノサイト)がつくり出したメラニン色素が毛髪内に取り込まれることで決まる。

つまり、毛母細胞そのものがつくり出す毛髪は、もともとは白髪なのだ。それを黒く見せているのは、色素細胞(メラノサイト)がつくり出すメラニン色素のはたらき。

白髪ができるのは、色素細胞(メラノサイト)のはたらきが、何らかの原因で弱まったり消失したりして、髪を黒くするメラニン色素がつくれなかったためと考えられる。

次に、色素細胞(メラノサイト)は毛髪の成長でどうなるのか、髪のライフサイクルから見てみよう。cycle.gif

 



毛髪は生えたらずっと伸び続けるものではない。きちんと寿命というものがあるのだ。この寿命は、図にもある通り、男性で3~5年、女性の場合は4~6年といわれる。

頭皮には、日本人の場合、10~15万本の毛髪が生えているといわれているので、1日に約50本程度の抜け毛は、髪の寿命による自然な脱毛とされている。

問題となるのは、この脱毛の際に、色素細胞(メラノサイト)までもが毛髪とともに失われること。健康な頭皮内であれば、こうして色素細胞(メラノサイト)が激減しても、次の毛髪が生えるときに再配置され、メラニン色素がつくられる。しかし、何らかの原因で再配置が起こらないと、白髪となってしまうのだ。

つまり、白髪にとって最も重要なのは、毛髪の生え変わりの時期ということができる。色素細胞(メラノサイト)を活性化し、新しい髪のために再配置をスムーズに行わせる必要があるのだ。

 病気によって白髪になる場合もある。 
自然な脱毛の後に、色素細胞(メラノサイト)がスムーズに再配置されない原因とは何だろう。現在のところ考えられているのは、次の5種類である。

(1)遺伝
男性型脱毛症にも共通する原因のひとつ。だが、どの程度、関連があるかは解明されていない。
 

(2)加齢
体の老化によって、当然、色素細胞(メラノサイト)も弱ってくるため。
 

(3)生活環境
気温などの外的なものはもちろん、食生活や頭皮のケアの状態によっても大きく左右される。
 

(4)病気
慢性の胃腸疾患やマラリア、貧血症、甲状腺疾患などの病気があると、急に白髪が増えることがある。また、尋常性白斑(じんじょうせいはくはん)ができるとその部分が白髪になったり、円形脱毛症が治るときに白髪になるケースも。これらは、病気が完治すると、元の黒髪に戻る場合もある。
 

(5)ストレス
誰もが納得することだろうが、毛髪とストレスの関係は深い。「苦労すると白髪が増える」といわれるのも、ウソではない。毛髪は上記の通り、毛先ではなく、毛根から伸びていく。そして毛髪の色は、頭皮の外へ出たときには、すでに決まっており、出てから色が変わることは今のところ考えられないのだ。  
 

これらの原因が、ひとつ、あるいは複数重なって白髪が進行すると考えられている。ここで、遺伝や加齢による白髪だからといって諦めてはいけない。適切なケアや健やかな生活習慣によって、ある程度は発生を遅らせたり、減らすことはできるとのこと。

 

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

アクセス状況

ジオターゲティング
プロフィール

あたる●

Author:あたる●
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
読者になる
アクセスをお願いします
カウンター
検索フォーム
検定ごっこ
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
お得なクーポン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。