スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「自殺・うつ病等対策プロジェクトチーム」 動向が気になります。

「自殺・うつ病等対策プロジェクトチームプロジェクト」を新聞やメディアを通して活動を気にしてみています。
私の周りでもかなり深刻な環境となっており、年々長期休暇者が増えています。
一例に過ぎませんが、私の周りでは
 ?、売上減に伴い、残業減。
 ?、残業減でも、コスト削減ができない場合、配置転換。
 ?、内部業務は減らすことができず、残ったメンバーに負荷がかかる。
 ?、業務は、できる人、断れない人に集まり、さらに負荷が高まる。
 ?、残業で対応していると、禁止令が出ているため、家に持ち帰る。
 ?、家で対応すると終了時間の設定ができないため、睡眠不足になる。
 ?、睡眠不足で注意散漫になる。
 ?、小さなミスを犯すようになり、少しずつ信頼がなくなる。
 ?、大きな失敗を犯し、上司から恫喝。(パワハラも含む)
 ?、それでも負荷は減らず、それどころか増えていく。
 ?、?に戻る。
 ?、体調が悪く、業務ができない事に気づく。但し、病院に行く勇気はわかない。
 ?、体が思うように動かず、どうしようもなくなり病院へいく。
 ?、診断書が発行され、長期休暇。
 ?、?に戻る。

この負のスパイラルに入って、ここ3年くらい抜け出せないでいます。
産業医、看護師もいますが、企業内の文化を変えていかないと根本解決にはなりません。

私もカウンセリングの知識を付けて少しでも緩和できれば良いというように考えるようになりました。こちらの方面も知識を付けていきたいと考えています。

-----------------------------
自殺・うつ病対策で企業評価向上=厚労省PTが報告書公表 厚生労働省の「自殺・うつ病等対策プロジェクトチーム(PT)」は28日、職場におけるメンタルヘルス対策などを盛り込んだ報告書をまとめた。長時間労働の抑制やうつ病休職者の職場復帰支援などを提言。これらに取り組むことで、企業の社会的評価も高まるとしている。 報告書は、無職男性の自殺死亡率が極めて高いなど、自殺やうつ病に関する実態分析を踏まえ、そうしたリスクが高い人が適切に支援を受けられるよう配慮した。自殺未遂をした人へのケアといった精神保健医療改革や、リスクが高いとされる生活保護受給者への相談支援体制の強化なども提言した。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

アクセス状況

ジオターゲティング
プロフィール

あたる●

Author:あたる●
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
読者になる
アクセスをお願いします
カウンター
検索フォーム
検定ごっこ
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
お得なクーポン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。