スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うつ病に関して。重みのある記事です。

日本精神神経学会など4学会の理事長らは22日、広島市で記者会見し「国家的課題として啓発に取り組むべきだ」とする提言をまとめた。
同日まで開かれていた日本精神神経学会総会で共同宣言として採択した。
うつ病問題について、精神医療にかかわる学会が公式見解を出すのは初めて。
4学会は、うつ病などの精神疾患が、がんや心臓疾患と並ぶ三大疾患として、先進諸国で最優先課題となっている点を重視。
国内でも早急な対策を講じるべきだとの認識で一致した。

共同宣言は、うつ病ががんに次いで重大な社会的損失をもたらす「国民病」と指摘。「国家的課題として啓発に取り組むべきだ」
と訴えている。
自殺や長期休務が社会問題化している職域に対し「発症予防や早期発見、再発を予防した上での職場復帰が必要」と主張。
職場に応じたメンタルヘルス体制や教育を行うべきだとしている。
若年化傾向にある発症の現状を踏まえ、学校でのメンタルヘルス教育の導入や児童精神科医の増員も求めている。

さらに、精神科の診療報酬体系を見直し、精神療法や職場復帰プログラムなどを保険診療とすることで、質の高い医療が可能になる
と指摘。
これらの対策でうつ病研究が進み、早期発見や治療法が確立すれば、精神疾患への偏見解消や自殺者の大幅減少につながる、
と結論づけている。
総会で会長を務めた広島大大学院の山脇成人教授(精神神経医科学)は「対策の緊急度が増している。
切迫感のある国民にメッセージを届け、取り組み強化への弾みになってほしい」と語った。

-------------------------------------------------------
私の周りでも年々確実に増えているうつ病。過度なストレスで休んでいる人がいますが、まだ偏見があり、社会復帰も後ろめたい気持ちを引きずりながら復帰しています。
1度なると、再発が怖くなり、また思い悩む。こんなことが症状の悪化にもつながっています。
早く、受け入れ態勢ができ、住みやすい社会が出きる事を望みます。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

アクセス状況

ジオターゲティング
プロフィール

あたる●

Author:あたる●
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
読者になる
アクセスをお願いします
カウンター
検索フォーム
検定ごっこ
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
お得なクーポン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。